×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

けっこう仮面とは?

けっこう仮面とは、漫画家の永井豪とダイナミックプロが描いた少年(?)漫画のことで、魅惑的(と言うかなんと言うか)なヒロインが大活躍する学園漫画ですが、元々は月光仮面のパロディです。
最初は月刊少年ジャンプ1974年9月号に一回限り読みきりで掲載されましたが、読者からの反響が多く、その要望に応じた形で1945年2月、5月、8月号と読み切りで掲載されました。
そして、1975年10月号からついに連載が始まり、好評のまま1978年2月号で終わりました。
私も床屋、銭湯などでよく読んでいた事を覚えていますが、この漫画が近頃なつかしの漫画として人気を集めています。
皆さんの中にもなつかしく思い出される方も大勢おられることと思います。
近頃、このように昔の漫画が見直されてというか、懐かしさがあってと言うか、色々な作品が再販されたり、古本屋で高価で販売されていますね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

けっこう仮面のあらすじとは

けっこう仮面のストーリーは、長野県の山奥深くの恐怖の中学の進学校「スパルタ学園」が舞台、有名高校への進学率100%の中で問題のある生徒に常に体罰と言う名目でハレンチ行為をしていたが、体罰を受ける時になると、そこに姿を表すのが顔だけを月光仮面のように覆面で覆い正体が分からないようにしているが、それ以外は裸体という、謎の少女が登場しますが、この少女が「けっこう仮面」です。
このけっこう仮面の正体を暴こうとするのが、学園長「サタンの足の爪」で特に一年S組の高橋真弓が体罰を受けそうになると、けっこう仮面が必ず現れるので、事あるごとにけっこう仮面を呼び寄せる為に体罰を仕置き教師から受けることになります。
現れたけっこう仮面の正体を暴こうとするが、彼女の武器のヌンチャクと魅惑的な裸体に苦戦し、最後にはけっこう仮面の大股開きで相手の顔をめがけて飛びつく「おっぴろげジャンプ」の必殺技で、けっこう仮面の股間に目が行ってしまい、男性には避けようがない技で必ずやられてしまう落ちが付きます。
それにしても永井豪氏の描く女体ははとても魅惑的な描き方でした。

けっこう仮面の正体は

けっこう仮面が現れるのは、主に高橋真弓が辱めを受けるときに表れることから、正体は学園生に間違いないと思う学園長「サタンの足の爪」や仕置き教師たちが多くの女生徒を疑って色々とわなを仕掛け、本来ならヒロー・ヒロイン物なので最後には正体が分かり万々歳になりますが、結局最後まで正体は分からずじまいになります。
ヒントは各回作品の中で、作者から与えられていますが、全部見ている訳ではないので、私には分かりませんでしたが、、けっこう仮面と疑われた女性には、女生徒はもちろん、女性教師まで入っていますが、実際はどうだったのでしょうか?
ところで題名から察するように、元々は月光仮面をパロディ化したものなのですが、月光仮面の原作者の川内康範氏に許可を貰いに行くと、快く承諾してくれたとの事、過日話題になった大物歌手との確執からすると、全く違いますね。Br />永井豪氏の漫画にはこの「けっこう仮面」のような漫画「ハレンチ学園」もありますし、「キューティハニー」「マジンカーZ」「デビルマン」など多くの作品があります。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 けっこう仮面よ!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。